HOME > 事業内容

現場造成杭工事

基礎杭工事や各種現場造成杭工事を行います。

全周回転オールケーシング工法
アースドリル工法
BH工法
ベノト工法
リバース工法
深礎工法

■全周回転オールケーシング工法

硬質地盤の施工に適しています。
ケーシングチューブを回転させながら圧入し、ハンマーグラブ等でチューブ内の土砂を掘削し、廃土する工法です。
ケーシングの先端に超硬質のビットを装着し回転圧入させることにより、硬質地盤や岩盤、コンクリート塊などの地中障害物撤去にも使用されます。
よく使用される径はφ1000~2000程度になります。

施工手順はこちら

【施工手順】

1.機械据付け

機械据付け
監督員立会いの上、杭芯にケーシングの中心を正確にセットし、掘削中の鉛直性を確保するため、本体の水平に設置し、水平器等でケーシングの垂直性を確認します。

2.掘削開始

掘削開始
グラブハンマーにて廃土し、ケーシングで孔壁を保護しつつ、掘削して行きます。

3.切削(障害物)

切削(障害物)
地中障害や転石を、ケーシングの回転圧入で切削して、掘削する場合もあります。

4.掘削(障害物除去)

掘削(障害物除去)
地中障害や転石を、ケーシングの回転圧入で切削して、掘削する場合もあります。

5.掘削完了

掘削完了
監督員立会いの下の検尺により、掘削を完了します。

6.底ざらい

底ざらい
底ざらい完了後、監督員立会いで再検尺を行います。

7.鉄筋建込

鉄筋建込
底ざらい完了後、監督員立会いで再検尺を行います。

8.トレミー管セット

トレミー管セット
コンクリート打設に先立ち、トレミー管を設置します。

9.生コン打設

生コン打設
コンクリート打設深度に合わせつつ、ケーシングとトレミー管を引き抜き、コンクリートを打設して行きます

10.構造完了

構造完了
構造完了

■アースドリル工法

現場造成杭の中では、実績が豊富で他工法と比べコストが抑えられ、比較的低振動、低騒音で施工が可能な為、市街地のマンション等によく使用される工法です。
表層部にケーシングを建て込み、ケリーパーの先端にドリリングバケットを取付、バケット内に入った土を廃土する事を繰り返しながら削孔する工法です。φ800~φ3000と現場状況により100mmサイズでの杭径変更が可能で、実績では最高60m程度の掘削も可能です。
また,拡底機を取り付ける事により高支持力杭の打設も可能です。

施工手順はこちら

【施工手順】

施工手順1-6

1.杭芯にバケットをセット

監督員立会いの上、杭芯にバケットの中心を正確にセットし、掘削中の鉛直性を確保するため、2方向からの目視、水平器等で、 ケリーバの垂直を確認します。

2.リーマーナイフを取り付け、掘削開始

監督員立会いの上、杭芯にバケットの中心を正確にセットし、掘削中の鉛直性を確保するため、2方向からの目視、水平器等で、 ケリーバの垂直を確認します。

3.表層ケーシングを挿入

表層土の崩壊防止のため、ケーシングを挿入します。

4.ベントナイト溶液を注入し、リーマーナイフを取りはずして、掘削開始

リーマーナイフをはずし、孔壁の崩壊防止のためのベントナイト溶液を注入しつつ、バケットによる掘削を続けます。

5.掘削完了

監督員立会いの上、支持層の土質を確認し、指定の掘削長および支持層貫入量を確認し、掘削を完了します。

6.掘削深さ検尺

監督員立会いの上、掘削深度を検尺します。

施工手順7-11

7.掘削完了後20~30分スライムの沈殿待ち、検尺

掘削完了後20~30分スライムの沈殿を待ち、監督員立会いの上、掘削深度を検尺し、スライムの沈殿を確認します。

8.底ざらいバケットによるスライム除去

底ざらいバケットで、沈殿したスライム除去します。

9.再検尺

監督員立会いの上、掘削深度を再検尺します。

10.鉄筋かご挿入

監督員立会い確認の上、鉄筋の継手をバン線で結束し、鉄筋かごを孔内に挿入します。

11.トレミー管挿入、エアリフトによりスライム排出

トレミー管挿入後、エアリフトによりスライムを排出します。

施工手順12-15

12.コンクリート打設 開始

監督員立会いの上、トレミー管によるコンクリートの打設を開始します。

13.コンクリート打設

打設深度を検尺しつつ、打設を続けます。この間、ポンプにより孔内のベントナイト溶液をタンクに吸い上げます。

14.表層ケーシング引抜き

コンクリート打設完了後、表層ケーシングを引抜きします。

15.杭完成

杭の完成です。

施工手順1-15

■BH工法

造成杭の中で最も狭い現場での施工が可能な工法です。
高架の下や工場内など屋内での作業も可能であり都市部のような道路制限等がある場所に対して最適な工法です。
ボーリングマシンを使用して、ロッドの先端に付けたビットを回転させ、ビット先端より安定液を注出して掘削します。掘削した砂を循環させ上昇流によって掘削土を孔口まで運んでポンプにて搬出します。
杭径はφ700~1500となり現場状況にもよりますが最大で40m程度の掘削が可能です。

施工手順はこちら

【施工手順】

1.機械据付け

機械据付け
監督員立会いの上、杭芯にロッドの中心を正確にセットし、掘削中の鉛直性を確保するため、2方向からの目視、水平器等で、ロッドの垂直性と、本体の水平性を確認します。
地中障害による芯ずれを避けつため、2方向の「逃げ」を設置します。

2.初期掘削

初期掘削
初期の表層部は、水の循環を使わずに、ボーリングピットだけで掘削をします。
表層部の土質により表層ケーシングの挿入、表層部に多い地中障害の撤去などのためです。

3.連続掘削

連続掘削
ボーリングピットの先端から水を循環させ、ピットの回転と油圧と、泥水の循環により、掘削して行きます。

4.スライム処理

スライム処理
ボーリングピットの先端から噴出された水は、ピットの回転により攪拌され泥水となり、スライムは砂や砕石と共に、杭口の水中ポンプで排出されます。
スライムの重い比重とマッドスクリーンにより、一次タンクには沈殿したスライムや砂、砕石を溜め、2次タンクには、水だけを送ります。
その2次タンクの水を、BH本体のロッドから、ボーリングピットの先端へと、循環させて掘削して行きます。

5.鉄筋カゴ挿入

鉄筋カゴ挿入
監督員立会い確認の上、鉄筋の継手をバン線で結束し、鉄筋かごを孔内に挿入します。

6.トレミー管設置

トレミー管設置
コンクリート打設に先立ち、トレミー管を設置します。

7.コンクリート打設

コンクリート打設
監督員立会いの上、トレミー管によるコンクリートの打設を開始します。

8.コンクリート打設完了 杭築造完了

コンクリート打設完了 杭築造完了
コンクリート打設完了 杭築造完了

 

その他の各種工法の詳細等は、直接当社までお問い合わせください。 ・拡底アースドリル工法・リバース工法・深礎工法
・GMTOP工法・摩擦杭工法・プレボーリング拡大根固め工法・中堀拡大根固め工法・各種 山留杭工法・土質調査 その他...

各種既製杭販売・施工

基礎杭工事や各種現場造成杭工事を行います。

■PHCパイル・SCパイル・PRCパイル・GEMパイル

現場造成杭とは異なり、工場で製作したものを現場へ運搬し打込む工法となります。
材料には色々な径や強度の物があり、建物の規模に応じて材料の設定が出来るのも特徴です。
現場の土質や建物の規模によっては、支持層まで到達させずに摩擦力を使った杭の検討も可能です。
工法に関してもさまざまあり、打撃工法、中堀工法プレボーリングエ法等があり、現場や土質に合わせて工法を検討することが出来ます。
工法にもよりますが約60m程度まで施工可能です。

■セメントミルク工法

セメントミルク工法は、アースオーガーにより先行掘削された堅孔に、既製杭を建て込む工法である。
掘削中は孔壁の破壊を防止するために、掘削駅をオーガ先端より噴出し(1)、所定の深度に達した後、根固め用セメントミルクに切り替え(2)、所定量を注入する(3)。
その後。状況に応じて、セメントミルクとベントナイトの混合液(杭周固定液)に切り替え、孔内に充填しながらオーガを引き上げ(4)、杭をこの孔内に建て込む(5)。
杭は閉端杭を用い、杭を建て込んだ後、杭先端の支持層への定着を確実にする為、杭頭を軽打圧入する(5)。

セメントミルク工法

■鋼管杭

一般住宅から工場の基礎等幅広く使用されています。先端に羽根が付いている先端羽根付き工法が主流で、無廃土、低振動、低騒音での作業が
可能です。
機械へ杭材を取り付けた後、杭を回転させ圧入していきます。現場によっては支持層が深く、一本物での搬入が難しい現場の際には溶接やボルト留めなどにより対応も可能となります。
また、引抜時等も現場状況により打設した方向と逆回転させることにより引抜が簡単にできる事も鋼管杭の特徴です。

■柱状改良

鋼管杭と同様、一般住宅から擁壁の支持などにも使用される工法です。
地盤状況や建物の規模により改良の径や長さ本数が決定されます。
配合の設定や固化材の種類によって多様な土質に対応できるのも特徴です。
羽根のついた軸を回転させ、掘削しながら軸先端部よりセメントミルクを注入し、土と混合攪枠させ円柱形の改良体を造成します。
土質や施工の条件にもよりますが最大施工深さは16m程度まで可能です。

山留工事

各種杭工事に附帯する地盤工事を行います。

親杭横矢板工法
シートパイル工法
地下連続壁工事
鋼材リース

■親杭横矢板工法

山留工事の中で一般的な工法です。
水が出ずに比較的地盤が良い土質に適しています。掘削が浅い際には自立、深いところでは切梁などにより支保させる事である程度の深さまでは対応可能です。
他の工法に比べて安く済む事もこの工法の特徴です。
工法にはいくつかの種類があり,土質によって決定されます。N値が低く崩壊しない土質では圧入工法,逆にN値が高く崩壊が懸念される場合オーガー併用セメントミルクエ法等があります。

■シートパイル工法

親杭横矢板工法とは対照的に、水位が高く地盤状態が比較的悪い場合に使用されます。
掘削の深さにより切梁の設置が必要になります。
打設工法も何種類かありますが敷地が広く建物と敷地との離隔が取れる際にはサイレントパイラーエ法が適しています。
比較的低いN値であれば施工速度が速い為一般的に使用されています。逆に境界との離隔が取れない場合、オーガー併用圧入等が使用されます。
地盤が固く通常の圧入では貫入不可の場合HAS工法やウォータージェット併用工法などにて施工されております。土質や条件により工法検討が必要となります。

土木工事

造成、外構、舗装工事などの各種土木工事です。

造成工事 ・道路工事 ・ 下水工事 ・ 水道工事 ・ 外構工事
地盤改良工事
舗装工事

地盤改良工事

一般住宅や低層住宅の基礎に行います。

浅層改良工法
柱状改良工法

地質調査

建物を建てる前には必ず行います。

各種地質調査
ボーリング調査

お問い合わせはお気軽にどうぞ046-241-3210